PR

ニュース 政治

セクハラ認定の新井氏落選、埼玉・川越市議選

記者会見する新井喜一・元川越市議=21日午後、埼玉県川越市
記者会見する新井喜一・元川越市議=21日午後、埼玉県川越市

 21日投開票の埼玉県川越市議選で、30代の女性職員にセクハラやパワハラをしたと市議会の第三者委員会で認定された無所属元職の新井喜一氏(69)が落選した。

 新井氏は「ハラスメントは事実ではない」として、損害賠償などを求めて女性を提訴。女性も反訴の準備を進めている。

 新井氏は1987年に初当選し、8期目途中の昨年10月に辞職。議長も2度経験した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ