PR

ニュース 政治

“同姓同名”現職だけ当選 千葉・勝浦市、39票区別できず

千葉県勝浦市議選で、現職の鈴木克已氏(左)と新人の鈴木克己氏の選挙ポスター
千葉県勝浦市議選で、現職の鈴木克已氏(左)と新人の鈴木克己氏の選挙ポスター

 立候補者17人に“同姓同名”の現職と新人の計2人が含まれる珍しい事態となっていた勝浦市議選(定数15)は21日、現職が3選を決め、新人は落選した。2人はいずれも無所属の現職、鈴木克已氏(64)と、新人の鈴木克己氏(60)。どちらの票か区別できない案分票は39票だった。

 2人は市職員として上司と部下だった時期もあり、退職時の肩書は同じ都市建設課長。市選挙管理委員会などによると、現職の鈴木氏も普段は「己」の字を使い、ポスターやビラにはいずれも「鈴木かつみ」と記載した。選管は有権者の混同を避けるため、投票所に全候補者の番地を除く自宅住所入りの名簿を掲示。開票作業では、疑問票確認に通常の約2倍の10人で当たった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ