PR

ニュース 政治

千葉・銚子市議選、0・474票差で明暗

 21日に投開票が行われた銚子市議選(定数18)で得票順18位で当選した石上允康氏(73)と、落選した19位の工藤忠男氏(74)の差は案分で0・474票だった。候補者に「石上」姓がもう1人いたほか、読み方が同じ「石神」姓の候補もいた。

 同市議選には25人が立候補。市選挙管理委員会によると、少なくとも平成以降では案分の差で当選者が決まったことはなく、最少の得票差だという。

 公選法では、当選の効力に関する異議の申し出は2週間以内に行わなければならず、選管は申し出を受けた日から30日以内に申し出に対する決定を行うよう求められている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ