PR

ニュース 政治

沖縄3区屋良氏、国民・自由合併後新党への参加明言せず

衆院沖縄3区補欠選挙の当選から一夜明け、記者団の質問に答える屋良朝博氏=22日午前、沖縄県沖縄市の自宅
衆院沖縄3区補欠選挙の当選から一夜明け、記者団の質問に答える屋良朝博氏=22日午前、沖縄県沖縄市の自宅

 21日投開票の衆院沖縄3区補欠選挙で初当選した屋良朝博(やら・ともひろ)氏は22日、自身が所属する自由党と国民民主党が合併した場合の対応について「憲法9条とか消費税とか、僕には僕なりに譲れない争点があるので、党とも相談しながら決めていきたい。自由党だったら党議拘束のない自由な党なんで非常に楽だった」と語った。沖縄県沖縄市内の自宅で記者団の質問に答えた。

 屋良氏は21日夜に自由党の小沢一郎代表に電話で当選を報告したと説明した。小沢氏は「これからがんばっていきましょう」と語ったという。また、電話が通じた国民民主党の玉木雄一郎代表、共産党の志位和夫委員長にも支援に感謝したという。

 米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古移設に関しては「早く解決策を示し、どっちがいいのかという選択肢を提供するのが政治の役割だ」と述べた。沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は県が辺野古以外の移設代替案を提示する可能性を否定しているが、屋良氏は「デニーさんにはデニーさんのやり方がある」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ