PR

ニュース 政治

沖縄3区補選制した自由・小沢代表「民主主義の勝利」 野党共闘に意欲

 自由党の小沢一郎代表は21日夜、同党衆院議員だった玉城デニー沖縄県知事の後継者である無所属の新人、屋良朝博氏が当選を確実にした衆院沖縄3区補欠選挙の結果について「民主主義の勝利であり、本当にうれしく、心強く思う」との談話を発表した。

 小沢氏は「政権が民意を醜く踏みにじれば、どういうことになるか。屋良氏の圧倒的勝利はそれを明確に示している」と強調した。その上で「安倍(晋三)政権は、この選挙結果を潔く認め、普天間基地(=米軍普天間飛行場)の速やかな返還を実現するとともに、(名護市)辺野古への移設工事を即刻中止すべきであり、そのための米国との協議を行わなければならない」とした。

 一方、同党が推薦した共産党元衆院議員の宮本岳志氏が敗れた衆院大阪12区補選については「本当に残念であるが、宮本候補の勇気ある決断と奮闘には敬意を表したい」とコメント。「いずれにせよ、野党は共闘しなければ絶対に強大な政権には勝てない。これを糧として野党共闘を更(さら)に深化させていくことが大事である」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ