PR

ニュース 政治

自民・二階幹事長「敗因分析を急ぎ、今後に備える」 記者団とのやり取り要旨

自民党本部で取材に応じる二階俊博幹事長(中央左)と甘利明選挙対策委員長(同右)=21日夜、東京・永田町(宮崎瑞穂撮影)
自民党本部で取材に応じる二階俊博幹事長(中央左)と甘利明選挙対策委員長(同右)=21日夜、東京・永田町(宮崎瑞穂撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は21日夜、衆院大阪12区と沖縄3区の両補欠選挙で自民党候補が敗れたことを受け、党本部で記者団に対し「結果は謙虚に受け止め反撃の材料として取り組む」と述べた。甘利明選対委員長も「自民党は『令和』にふさわしい改革政党として新たな出発をする」と語った。主なやりとりは次の通り。

 

 --大阪、沖縄の2つの衆院補選の受け止めを

 二階氏「2つの補欠選挙は大変残念な結果だと思っています。わが党の候補者にご支援をいただいた皆さんに心から感謝を申し上げたい。一緒に戦っていただいた同志の皆さまには本当にお礼を申し上げたい。結果を謙虚に受け止め、敗因の分析を急ぎ、今後に備えたいと思っています」

 甘利氏「沖縄の島尻安伊子候補、大阪の北川晋平候補とも頑張ったと思いますし、2人を支える選対メンバーも良くやってくれました。結果として届きませんでした。しっかり敗因を分析して、その結果を謙虚に受け止め、仕切り直して頑張りたいと思います」

 --特に大阪12区はもともと自民党の議席ということもあり、最終日に安倍晋三総裁も入った。日本維新の会の候補が勝った結果をどう受け止めるか

 二階氏「結果は謙虚に受け止めなければなりませんが、これをきっかけにして、反撃の材料として取り組んでいきたいと思います」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ