PR

ニュース 政治

立憲・長妻選対委員長、補選完敗の自民に「失速感じる」

立憲民主党の長妻昭選対委員長(春名中撮影)
立憲民主党の長妻昭選対委員長(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 立憲民主党の長妻昭選対委員長は21日夜、衆院大阪12区と沖縄3区の両補欠選挙で、自民党公認候補が相次いで敗れたことについて「参院選に向けて自民党の失速を感じている。野党共闘を強力に進めていきたい」と述べた。党本部で記者団の質問に答えた。

 長妻氏は「アベノミクスの評価やこれまでの安倍晋三政権の数々の問題点について、無党派の方々も含めて厳しい判断があるのではないか」と指摘。「立憲民主党が(そういった批判の)受け皿となることが必要だ」と語った。

 立憲民主党は大阪12区補選で自主投票としたが、枝野幸男代表が選挙期間中に現地で激励した共産党元職の宮本岳志氏は落選した。立憲民主党は沖縄3区補選でも自主投票だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ