PR

ニュース 政治

衆院大阪12区補選に「背水の陣」で挑んだ樽床氏「私の力不足…」

敗戦が濃厚になり支援者らに頭を下げる樽床伸二氏=21日夜、寝屋川市(寺口純平撮影)
敗戦が濃厚になり支援者らに頭を下げる樽床伸二氏=21日夜、寝屋川市(寺口純平撮影)

 無所属で挑んだ元総務相、樽床伸二氏(59)は寝屋川市内の事務所に集まった支持者らを前に、「私の力不足で大変残念な結果となり申し訳ない」と頭を下げた。

 わずか5分程度のあいさつで事務所を後にした樽床氏。「今後の政治の動きについて想像はつきません」としたものの「日本の政治がしっかりしたものになっていくことを期待している」と言葉をつないだ。

 また、今後の政治活動については「支持者の方と相談して決める」と述べるにとどめた。

 小選挙区制になった平成8年以降、衆院大阪12区で自民党の故・北川知克元環境副大臣ら「北川家」と争ってきた。双方4勝ずつ分け合ってきたが、近年は知克氏が連続3勝。29年の衆院選は、旧希望の党の比例単独候補として当選したが、今回は辞職して無所属で臨んだ。

 選挙戦では「非自民・非共産・非維新」の受け皿として、無党派層の取り込みを狙ったものの、維新の勢いの前に、支持の広がりは限定的だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ