PR

ニュース 政治

統一選後半戦投開票 水戸と大分で現職が制す 焦点は東京特別区の与野党対決と大阪の「維新対反維新」

大分市長選で再選を決め、万歳する佐藤樹一郎氏=21日夜、大分市
大分市長選で再選を決め、万歳する佐藤樹一郎氏=21日夜、大分市
その他の写真を見る(1/2枚)

 第19回統一地方選の後半戦は21日、政令市を除く市町村長選と市町村議選、東京特別区長選と区議選で投票が行われ、一部の区を除き即日開票された。焦点の県庁所在地の市長選は、水戸で無所属の現職が3選を、大分で無所属の現職が再選を確実にした。

 後半戦は、無投票となった選挙区を除いた3県庁所在地を含む59市長選と、283市議選、66町村長選、282町村議選、特別区の11区長選、20区議選で投票が実施された。

 県庁所在地の市長選は、水戸で現職の高橋靖氏(53)が共産推薦の新人を、大分では与野党相乗りの現職、佐藤樹一郎氏(61)が共産党新人を破った。長崎は4選を目指す現職と新人3人の計4人の争い。

 東京特別区のうち中央は、全国の区市長で最多8期を務めた現職が引退し、立憲民主、共産、自由、社民の4党が推薦する新人と自民、公明両党推薦の新人ら計5人が立候補する乱戦となった。大田、世田谷区でも事実上の与野党対決となった。

 地域政党「大阪維新の会」は大阪府の池田、吹田、八尾の3市に新人を擁立。日本維新の会代表の松井一郎・大阪市長のおひざ元である八尾は事実上の「維新対反維新」の構図で争われた。

 全国唯一の財政再生団体である北海道夕張市の市長選では、前市長の北海道知事転身を受け、元市議同士が後継を争った。

 市長選などの平均投票率は22日早朝に発表される予定。前半戦の41道府県議選、6政令市長選、17政令市議選ではいずれも過去最低を記録した。

 総務省によると、59市長選と特別区の11区長選は有権者の11・6%が20日までに投票を済ませ、4年前の前回を1・7ポイント上回った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ