PR

ニュース 政治

国由合併に向け党首会談 難航の岩手選挙区問題で協議

自由党の小沢共同代表との会談を終え、記者の質問を聞く国民民主党の玉木代表=19日午後、東京・永田町の党本部
自由党の小沢共同代表との会談を終え、記者の質問を聞く国民民主党の玉木代表=19日午後、東京・永田町の党本部
その他の写真を見る(1/2枚)

 合併を目指す国民民主党の玉木雄一郎、自由党の小沢一郎両代表は19日、国民民主党本部で会談し、合併交渉の焦点の参院選岩手選挙区(改選数1)の候補者選考について協議した。小沢氏は、国民民主党が求める擁立作業の白紙化を共産、社民両党へ打診した結果、不調に終わったと伝えた。玉木氏は「引き続き努力をお願いしたい」と求めた。

 岩手選挙区では、共産、自由、社民3党の地元組織が内定した新人擁立に、国民民主党の合併慎重派筆頭格である階猛(しな・たけし)憲法調査会長(党岩手県連代表代行)が反発している。玉木、小沢両氏は、候補者選考を白紙化することで階氏を懐柔したい考えだが、他党の同意を得るのは困難な情勢だ。

 一方、国民民主党は19日の臨時拡大執行役員会で、合併構想への意見を聴取する両院議員懇談会と全国幹事会を来週に開く日程を確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ