PR

ニュース 政治

千葉市議選で票数過少発表 帳尻合わせ、結果変わらず

 千葉市稲毛区選挙管理委員会は19日、今月7日投開票の市議選で、投票者数と投票総数の帳尻を合わせるため、無効票を8票少なく発表していたと明らかにした。当選者の結果に変わりはないという。

 選管によると、開票作業中、投票総数が投票者数よりも多くなり、確認したところ、二重計上していたり、候補者の得票を多く集計したりしていた。再集計したが、集計の責任者は票数をさらに少なくする必要があると考え、無効票を不正に発表したという。

 選管は「混乱していて冷静な判断ができなかった」と主張。19日午後、報道向けに説明する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ