PR

ニュース 政治

小沢一郎氏、4月合流になお意欲「岩手の調整は別問題」

自由党の小沢一郎代表=18日午後、国会内(春名中撮影)
自由党の小沢一郎代表=18日午後、国会内(春名中撮影)

 自由党の小沢一郎代表は18日、夏の参院選岩手選挙区(改選数1)の野党統一候補の調整難航について、同党と国民民主党との合流構想に影響させないと強調した。「それはそれだ。関係ない」と国会内で記者団に述べた。4月中の合流方針決定に意欲を示した格好だ。

 参院選での野党共闘を求める連合の神津里季生会長も記者会見で、岩手選挙区の候補者調整について「(合流構想とは)別次元の話だ」と述べた。

 岩手選挙区をめぐっては、共産、自由、社民の3党の地方組織が元パラリンピック選手の新人候補擁立を内定した。これに対し、国民民主が再調整を要請したが、共産の志位和夫委員長、社民の又市征治党首は拒んでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ