PR

ニュース 政治

河野外相が訪米へ 19日に日米2プラス2

参院外交防衛委員会に臨む岩屋毅防衛相と河野太郎外務相(手前)=16日午前、国会・参院第34委員会室(春名中撮影)
参院外交防衛委員会に臨む岩屋毅防衛相と河野太郎外務相(手前)=16日午前、国会・参院第34委員会室(春名中撮影)

 河野太郎外相は16日の記者会見で、日米両政府がワシントンで19日に外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開催すると発表した。河野氏は18~21日の日程で米国を訪問する。この訪米で平成29年8月の外相就任後の訪問先は63カ国・地域(延べ99カ国・地域)となり、月内にも延べ100カ国・地域に達する見通しだ。

 河野氏の外国訪問は、外相を約4年7カ月務めた前任の岸田文雄・自民党政調会長の51カ国地域(延べ93カ国・地域)を上回る異例のハイペース。各国の首脳や外相と会談を重ねることで、国際会議で日本の主張や戦略への支持を取り付ける狙いがある。

 ただ、国会への出席を求められる国会開会中の出張は週末を利用した「弾丸日程」とならざるを得ない。河野氏は国内出張が続いた3月に体調を崩し、出席予定だった20日の参院外交防衛委員会が流会するなど審議日程に影響が出た。それだけに「自分だけの体ではないのだから、気をつけてほしい」(自民党国対関係者)との声も上がる。

 日米2プラス2は29年8月以来の開催となる。航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの墜落事故に関して協議する。共同文書も発表する方向だ。河野氏はポンペオ米国務長官と外相会談も予定しており、日米の緊密な連携を確認する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ