PR

ニュース 政治

菅官房長官「支援を積極検討」 ノートルダム大聖堂火災

大規模な火災で炎上し、崩れ落ちるノートルダム寺院の尖塔=15日、パリ(AP)
大規模な火災で炎上し、崩れ落ちるノートルダム寺院の尖塔=15日、パリ(AP)

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は16日午前の記者会見で、フランス・パリのノートルダム大聖堂での火災について「世界にとっての損失で非常に心を痛めている。日本政府として慎んでお見舞いを申し上げる」と述べた。

 その上で「大聖堂は世界の遺産で、フランス政府から何らかの支援要請がある場合は、日本政府として積極的に検討していきたい」との意向を示した。

 火災は15日夕(日本時間16日未明)に発生。周辺の交通は遮断され、観光客らが避難した。大聖堂は昨年から大規模な改装工事に入り、尖塔(せんとう)を囲む銅像の移転作業が行われたばかりだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ