PR

ニュース 政治

野党「忖度」道路を視察 知事は必要訴え

視察する国民民主党の原口一博国対委員長(右端)。奥は関門海峡=15日午前、北九州市
視察する国民民主党の原口一博国対委員長(右端)。奥は関門海峡=15日午前、北九州市

 立憲民主党などの野党議員は15日、塚田一郎元国土交通副大臣が安倍晋三首相らを「忖度(そんたく)した」と言及した「下関北九州道路」の現地調査のため北九州市を訪問した。建設候補地を視察したほか、福岡、山口両県知事らから意見聴取した。知事は道路整備の必要性を訴えた。視察団団長の国民民主党の原口一博国対委員長は記者会見で、忖度発言に関し「虚言とは思いがたい。政権が行政をゆがめていないか国会で追及したい」と述べた。

 意見聴取で山口県の村岡嗣政知事は「関門橋や関門トンネルは老朽化しており、代替道路が必要だ」と主張。福岡県の小川洋知事は忖度発言について「戸惑っている。長い時間をかけて手順をしっかり踏んできた」と理解を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ