PR

ニュース 政治

世界経済 今年後半の復調見通し浮上 持続性に疑問も

主要国・地域が抱える経済面の課題
主要国・地域が抱える経済面の課題
その他の写真を見る(1/2枚)

 11日開幕したG20財務相・中央銀行総裁会議の初日の討議で、麻生太郎財務相は世界経済が今年後半に復調するとの見方を示した。米中貿易協議に好転の兆しが出ているほか、中国の国内景気刺激策の効果が出るとみられるからだ。ただ、中国は製造業などで世界の覇権を目指す姿勢を変えておらず、中長期的な米中対立と、それを起点とする世界経済の減速には依然、警戒感も根強い。

 「(復調の見通しについて)楽観主義という人もいる。G20の楽観主義は、世界経済の成長に向けた揺るぎない意思と決意に基づかなければならない」

 麻生氏は会議後の記者会見でこう述べた。交渉筋によると、世界経済の復調見通しに対し、討議参加者から大きな反論はなかったという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ