PR

ニュース 政治

「被災地におわび」菅官房長官が陳謝 桜田前五輪相の問題発言

会見に臨む菅義偉官房長官=11日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=11日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は11日午前の記者会見で、東日本大震災の復興以上に自民党の同僚議員が大事だと発言した桜田義孝前五輪相を事実上更迭したことに関し「被災地の気持ちに寄り添いながら復興に全力を傾けていくことが安倍(晋三)政権の揺るぎない方針だ。被災地の皆さんには深くおわび申し上げる」と陳謝した。

 安倍首相の任命責任については「全ての閣僚が復興相であるとの認識を再確認し、内閣全体として今後も東北の復興に全力を挙げていきたい」と語った。

 野党は任命責任に加え、問題発言が相次ぐ「政権の緩み」を追及する構えだ。菅氏は「緊張感を持ってさまざまな諸課題に対応していきたい」と話した。

 来年の東京五輪・パラリンピックを「復興五輪」と位置づける政府の方針について「復興五輪は大会の最も重要なテーマの1つだ」と指摘した。

 その上で、桜田氏の後任の鈴木俊一衆院議員に触れ「被災地岩手の出身で復興五輪に強い思いを持つ。(過去に)五輪相を務めた鈴木氏を充てて信頼を回復し、復興の後押しとなるような取り組みを進めながら大会を成功に導きたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ