PR

ニュース 政治

山中教授の祝辞全文「手術後に…外国人研究者も感激」 陛下即位30年式典

 平成24年6月、横浜で開催されました国際幹細胞生物学会に両陛下のご臨席を賜りました。この国際学会が日本で開かれるのは初めてのことでした。居並ぶ海外からの研究者にとっても両陛下のご臨席は大きなインパクトでありました。ただ陛下はわずか4カ月前に心臓の手術を受けられたばかりでした。正直申し上げて、私は陛下のご臨席は難しいのではないかと思っておりました。それを押して、横浜までお越しいただきました。

 そればかりか、陛下の方から研究者一人一人に手を差し伸べ、握手をしていただきました。それは陛下がいつも災害や病気に苦しむ人々に寄り添われているときの優しさと同じものでありました。いつも陽気で気さくな外国人研究者も、このときばかりは感激と緊張で手が震えていたのが強く印象に残っております。

 同年の12月に私はノーベル医学生理学賞を受賞し、スウェーデンを訪れました。選考を行ったカロリンスカ研究所の教授の一人は、横浜で陛下に握手をしていただいた研究者でした。授賞式の後、ウプサラ大学を訪問いたしました。北欧で最も歴史のあるこの大学を陛下も数年前にご訪問され、名誉学員の称号を受けられていたことを知りました。陛下が研究者であられることに改めて強い感銘を受けました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ