PR

ニュース 政治

【産経・FNN合同世論調査】令和おじさん「ポスト安倍」にも浮上 菅氏が存在感

1日、新元号「令和」を発表する菅義偉官房長官=首相官邸(古厩正樹撮影)
1日、新元号「令和」を発表する菅義偉官房長官=首相官邸(古厩正樹撮影)

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、安倍晋三首相の次の首相に誰がふさわしいかを尋ねたところ、新元号「令和(れいわ)」の発表役を務めた菅義偉(すが・よしひで)官房長官が存在感を示した。若い世代に「令和おじさん」の愛称で知名度が浸透したことも追い風となり、「ポスト安倍」候補として浮上したといえる。

 次期首相に関する質問では、菅氏が5.8%の支持を集め、自民党の小泉進次郎厚生労働部会長(25.9%)や石破茂元幹事長(20.7%)らに次ぐ4位に浮上した。昨年10月の調査では、菅氏への支持は2.7%で、全体の6位にとどまっていた。

 菅氏が1日の元号公表の記者会見で「令和」と書かれた墨書を掲げ、インターネット上で拡散したことなどが影響したとみられる。

 回答を自民党支持層に限ると、菅氏は9.4%となり、3位の岸田文雄政調会長(13.9%)に迫った。菅氏は現役世代の男性の人気が特に高く、30代に限ると13.9%、40代では14.4%の支持を集めた。逆に30代の女性は1.5%、40代は2.3%だった。

 菅氏は平成24年の第2次安倍政権発足以降、一貫して官房長官を務め、首相官邸の危機管理を一手に引き受けてきた。党内に抜け出た「ポスト安倍」候補がいない現実もあり、元号の公表で知名度が上がってきた菅氏の評価は、政府・与党内でも高まっている。

 ただし、「ポスト安倍」をめぐる自民党支持層の本音は、安倍首相の党総裁連続4選にもあるようだ。連続4選への支持は調査全体では3割程度にとどまったが、同党支持層に限ると50.2%に達した。

 菅氏は8日の記者会見で「(ポスト安倍を目指すことは)全く考えていない」と述べるにとどめたが、動向には一層注目が集まりそうだ。(永原慎吾)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ