PR

ニュース 政治

一夜明け 与党、衆院補選・参院選へ組織立て直し

 統一地方選の前半戦から一夜明けた8日、与党は大阪府知事・市長のダブル選などで敗北した結果を踏まえ、9日告示の衆院大阪12区、沖縄3区の補欠選挙や夏の参院選に向け、組織の立て直しに着手した。

 自民党は41道府県議選で過半数の議席を確保したが党内に楽観ムードはなく、「いろいろ問題が出た選挙だ」との声があがる。

 大阪ダブル選は自民推薦候補を共産などの野党が支援する構図になり、野合批判を招いた。自民支持層の一部が日本維新の会系候補に流れており、衆院補選に影を落とす。

 さらに麻生太郎副総理兼財務相の地元・福岡や「竹下・青木王国」と呼ばれた島根の県知事選でも自民推薦候補が相次いで敗北。今後、執行部の責任論が浮上する可能性もある。

 一方、立憲民主党などの野党は与野党対決となった北海道知事選で完敗したことで野党共闘の再構築に直面する。参院選に向け、国民民主党幹部は「(立憲民主中心の)包容力ある協力態勢を組みたい」と話すが、先行きは不透明だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ