PR

ニュース 政治

群馬県議選、自民系32議席を確保

 県議選(総定数50)は7日、投開票が行われ、12選挙区で42人が当選し無投票6選挙区の当選者8人と合わせ新県議の顔ぶれが決まった。

 自民は公認31人中25人、推薦・党籍証明を合わせ計32人が当選し、最低ラインとしていた32議席は確保したものの、ベテランら現職6人が落選、世代交代の波にさらされた。

 立憲民主は公認3人のうち2人が当選。公明は公認3人全員が議席を確保した。共産は現職2人が当選したものの新人1人が落選、目標の3議席に届かなかった。投票率は過去最低の43.49%だった。当日有権者数は136万7493人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ