PR

ニュース 政治

公明・斉藤幹事長「『忖度発言』を乗り越えるべく戦った」 発言詳報

統一地方選前半戦の結果などについて、記者の質問に答える公明党の斉藤幹事長=7日夜、東京都新宿区の党本部
統一地方選前半戦の結果などについて、記者の質問に答える公明党の斉藤幹事長=7日夜、東京都新宿区の党本部

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は7日夜、統一地方選前半戦の大勢が判明したことを受け「保守分裂選になったのは大変残念。参院選に向けて結束していくように自民党にも要請した」と党本部で語った。記者団との主なやり取りは次の通り。

 --現時点の結果を踏まえて、ご所見は

 斉藤氏「いま結果が出ている北海道知事選については自公協力をして戦った。与野党対決の知事選を勝利できて大変よかったと思っています。地域経済をどう活性化していくかという構想。それから観光に対しての考え方、ビジョンが道民に受け入れられたのではないか。何より候補の誠実な人柄と夕張市長としての実績、そして若さが広く道民の皆さまにご理解いただけた結果ではないかと考えています」

 --大阪府知事選については

 斉藤氏「これは府民、市民の意志の表れですので真摯に受けとめなければならない。その上で、わが党の府本部が推薦した候補が敗れたのは本当に残念です。都構想ということが問われた『ワンイシュー』の選挙だったわけですけれど、地方自治体のあり方に対しての議論でしたので、府レベル、地方自治体で話し合いがなされていくものと思っています」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ