PR

ニュース 政治

北海道知事選、全国最年少38歳の鈴木直道氏「ピンチをチャンスに」

北海道知事選で初当選を決め、連合後援会長の似鳥昭雄ニトリホールティングス会長(右)とともに花を付ける鈴木直道氏=7日夜、札幌市中央区の選挙事務所(野口隆史撮影)
北海道知事選で初当選を決め、連合後援会長の似鳥昭雄ニトリホールティングス会長(右)とともに花を付ける鈴木直道氏=7日夜、札幌市中央区の選挙事務所(野口隆史撮影)

 16年ぶりの新人対決となった北海道知事選で7日、自民、公明が推薦する前夕張市長、鈴木直道氏(38)が立憲民主、国民民主、共産などが推した野党統一候補の元衆院議員、石川知裕氏(45)を破り、初当選を確実にした。

 札幌市中央区の事務所では支援者らが待機。投票が締め切られた午後8時すぎ、早々と鈴木氏当選確実の速報がテレビニュースで流れると、大きな拍手が起こった。駆けつけた鈴木氏は、「支援してくださった皆さまに感謝を申し上げたい」と喜びをあらわにした。

 インタビューで鈴木氏は「オール北海道で、ピンチをチャンスに変えて活力ある北海道にする、という訴えが届いた」とした上で、「夕張市長として2期8年、学ばせてもらった」と、財政支援団体である夕張市の立て直しの実績をアピール。

 国との関係については「信頼関係をベースに、北海道に必要なものを国に対して主張していく。国の協力を得ながら、北海道をさらなる躍動の大地に変えていきたい」とした。

 また、「やるべきこと、やらなければならないことが山積している。首長は24時間365日休みがない。北海道のあらゆる可能性を引き出していきたい」と語った。

 知事選では、与野党両陣営とも候補者の絞り込みが難航した。与党は一部の道議や経済界、町村会などが国交省幹部の擁立を画策したこともあった。野党陣営も立憲民主、国民民主の両党道連などが衆院議員に出馬要請したが固辞され、石川氏擁立が決まった。石川氏は「北海道独立宣言」をキーワードに、中央依存脱却をアピールしたが、ふるわなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ