PR

ニュース 政治

自民・二階幹事長「分裂選挙は厳しい結果、大いなる反省材料」発言詳報

【2019統一地方選】自民党本部で取材に応じる二階俊博幹事長(左)と甘利明選挙対策委員長=7日午後、東京・永田町(宮崎瑞穂撮影)
【2019統一地方選】自民党本部で取材に応じる二階俊博幹事長(左)と甘利明選挙対策委員長=7日午後、東京・永田町(宮崎瑞穂撮影)

 統一地方選前半戦の大勢が判明した7日夜、自民党の二階俊博幹事長と甘利明選対委員長は党本部で記者団の取材に応じた。注目の大阪府知事・大阪市長のダブル選で自民党の推薦候補が敗北。二階氏は「謙虚に受け止めたい。敗因を分析し、次なる戦いに備えていきたい」と述べた。発言の詳報は次の通り。

    

 二階氏「与野党対決型の北海道知事選を勝利したことは、わが党にとって大きなことだと思っています。開票は続いていますが、わが党の推薦候補は各地で安定した勝利を収めている。一方、党県連が分裂したところは、厳しい結果が出ています。今後の大いなる反省材料だと思っています。今後、党として組織の再確認とともに、しっかり取り組んでいきたい。参院選に向け、この反省の上に立って一枚岩で取り組んでいきたい。大阪ダブル選挙の結果は、謙虚に受けとめたい。敗因を分析し、次なる戦いに備えていきたいと思っています」

 甘利氏「幹事長の発言に全て尽きている。北海道、唯一の与野党対決選を取れたということは良かったと思う。良い候補者のもとに陣営が一糸乱れぬ結束ができたことが勝利につながったと思っています。そして、いくら自民党が強くても現場が割れてしまっては力を発揮できない。結果が出ているわけで、ここはしっかり反省をして結束こそが勝利ということで、参院選に仕切り直しをしたいと思っています。

 大阪については敗因をしっかり分析し、対応したいと思います。現状守るという受け取り方をされてしまった。自民党は改革政党であることは間違いないんですが、メッセージの伝わり方にもう少し工夫が必要だったことも敗因の一つかと思っています。しっかり分析したいと思います」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ