PR

ニュース 政治

大阪ダブル選・維新会見詳報(2)「反維新はこの民意にどう向き合うのか」

 --交渉の背景として、今回の選挙結果はどんどんアピールしていくのか

 松井氏「今回は都構想が争点ということで戦った。やっぱり、この民意は大切にしていただきたい。ただ反対の声もあった。反対の皆さんに、大阪府と大阪市の関係が、人間関係に依存して一体になるのは非常に脆弱だ、ということは伝えていきたい」

 --前回も民意を背景に交渉を進めたが、次の交渉の進め方はどうする

 松井氏「これからの府議会、市議会の結果次第。自民党、公明党もこの結果をどう受け止めるのかのご意見を頂きたいと思う」

 --大阪都構想という地方分権改革が争点。全国に与えたインパクトは

 松井氏「本気でまちづくりをしていく、明治以来変わらなかった行政の制度を変えようと思えば、地方の政治家が戦わないといけない。住民に丁寧に中身について説明し、一つ一つの公約を実現していけば伝わる。伝わることによって、その地方地方の特色を生かしたまちづくりができるということを、全国の皆さんにご理解いただければと思う」

 --今回の選挙は維新対反維新という構図。今後の他党の関係は

 松井氏「今後、府議会、市議会の結果が出れば反対の人たちとも丁寧な議論をする。後は、この結果を受けて、反対をしていた方々が、この民意に対してどう向き合うのかが一番重要なポイントだ」

=おわり

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ