PR

ニュース 政治

神奈川県知事に黒岩氏3選確実

知事選で3選を決め、支持者らと喜びを分かち合う黒岩祐治氏=7日夜、横浜市(河野光汰撮影)
知事選で3選を決め、支持者らと喜びを分かち合う黒岩祐治氏=7日夜、横浜市(河野光汰撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 統一地方選前半戦の神奈川県知事選と相模原市長選、県議選と横浜、川崎、相模原の3政令市議選は7日、投開票が行われた。知事選は、いずれも無所属で、現職の黒岩祐治氏(64)=自民、国民民主、公明推薦=が、新人で市民運動家の岸牧子氏(62)=共産推薦=との戦いを制し、3選を果たした。

 横浜市中区に置かれた黒岩氏の事務所に「当選確実」の一報が伝えられると、集まった支持者たちからは大きな拍手と歓声が上がった。

 黒岩氏は詰めかけた支持者らと握手を交わして壇上に上がり、「2期8年をしっかり見ていただいていたということだと思う」と延べ、笑顔を浮かべた。

 黒岩氏は選挙戦を通じ、医療制度の充実や「未病」改善に向けた取り組みなど、2期8年の実績を強調してきた。3期目に向けては、各政策のさらなる充実を約束し、「笑い」をキーワードに福祉やコミュニティーの充実を約束。県民が笑顔になる機会を増やし、健康寿命の延伸につなげていく構想を掲げてきたほか、健康・医療分野の産業も盛り上げ、県内経済の活性化を目指すと訴えた。

 再選出馬表明は、告示約1カ月半前の2月上旬。国政与野党3党からの支援を取り付けた。当初、立憲民主にも推薦を求めたが、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致をめぐる見解に相違が生じ、黒岩氏側が推薦依頼を取り下げた。ただ、連合神奈川、県医師連盟、県歯科医師会など業界団体からの推薦も受けて、選挙戦を終始有利に展開した。

 共産の推薦を受けて知事選に初挑戦した岸氏は、県民目線での県政をうたい、大型開発の中止や福祉・子育て政策の充実、県内の米軍基地の撤退要請の約束などを訴えてきたが、及ばなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ