PR

ニュース 政治

政府、塚田一郎国交副大臣の辞職承認

深々と頭を下げる塚田一郎国交副大臣=5日午前、東京都千代田区の国土交通省(三尾郁恵撮影)
深々と頭を下げる塚田一郎国交副大臣=5日午前、東京都千代田区の国土交通省(三尾郁恵撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 政府は5日の持ち回り閣議で、道路整備をめぐる安倍晋三首相らへの「忖度」発言が事実と異なるとして辞意を表明した塚田一郎国土交通副大臣(自民)の辞職を認め、後任に牧野京夫(たかお)元国交副大臣(自民)を充てる人事を決定した。菅(すが)義偉(よしひで)官房長官が記者会見で発表した。

 菅氏は塚田氏の辞職理由について「痛切に反省し、自らの発言で行政への信頼を損ない、国政に遅滞をもたらすことがあってはならないとの判断の下に辞任を申し出た」と述べた。

 同時に「行政の公正性が疑われることはあってはならない。塚田氏が事実と異なる発言をしたことは問題だ。国民の声に耳を傾けながら一つ一つの課題に真摯(しんし)に取り組むことが重要だ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ