PR

ニュース 政治

なるか「平成最後の新党」 国由合併、期限の月末へ正念場

1月28日、衆院本会議に臨む(左から)国民民主党・玉木雄一郎代表、自由党・小沢一郎共同代表=国会(春名中撮影)
1月28日、衆院本会議に臨む(左から)国民民主党・玉木雄一郎代表、自由党・小沢一郎共同代表=国会(春名中撮影)

 非自民勢力が離合集散を繰り返した平成がまもなく幕を閉じる。合併を模索している国民民主、自由両党は、くしくも平成最後の日である4月30日を合併構想の結論を得る期限と定めた。ただ、国民民主党側の党内手続きは遅々として進まず、「平成最後の新党」結成の成否は見通せない。(松本学)

 「ちょっと長くかかり過ぎているのかな。匍匐(ほふく)前進。少しずつ前に…」

 国民民主党の玉木雄一郎代表は3日のTBS番組収録で、自由党との合併構想に関し「匍匐前進」という言葉を繰り返し口にした。

 玉木氏の表現が決して大げさとはいえないほど、合併への国民民主党の動きは膠着(こうちゃく)状態にある。そもそも玉木氏は、自由党の小沢一郎代表との1月24日の会談で「1カ月以内」の合併を目指すことで内々に合意していた。

 ところが、合併後の展望を不安視する声も絶えず、「丁寧な党内議論」(玉木氏)を強いられ続けているのが実相だ。

 国民民主党中堅は「合併すれば小沢氏に食い尽くされる。歴史が証明している」と不安を漏らす。

 玉木氏は、自由党との合併の先に野田佳彦前首相らを含む旧民進党系勢力の糾合を見据えているが、野田氏との間に確執を抱える小沢氏と組めば、大規模な再編は遠のくとの見立ても根強い。

 煮え切らない国民民主党に対し、小沢氏はしびれを切らし始めている。2日の記者会見で、30日までに決着を得るとした玉木氏との合意に触れ「4月中にはケリをつける。結論が出ないようだったら、この話はなしだ」と破談の可能性に言及した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ