PR

ニュース 政治

【新元号】新元号は「令和」 出典は万葉集 首相「希望とともに花咲かす日本に」

新元号が書かれた墨書を掲げる菅義偉官房長官=1日、首相官邸(古厩正樹撮影)
新元号が書かれた墨書を掲げる菅義偉官房長官=1日、首相官邸(古厩正樹撮影)

 政府は1日、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と決定した。菅義偉(すが・よしひで)官房長官が記者会見し、墨書を掲げて公表した。安倍晋三首相も記者会見で自ら談話を発表し「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ意味が込められている」と述べた。出典はわが国最古の歌集「万葉集」で、日本古典からの引用は初めて。645年の「大化」以降、248番目の元号となる。

 新元号を記した政令は天皇陛下が1日に署名・公布され、皇太子さまが新天皇に即位される5月1日午前0時に施行される。政府は、憲政史上初めてとなる天皇陛下の譲位に伴う皇位継承の準備に万全を期す。

 「令和」の出典は「万葉集」巻五の「梅花(うめのはな)の歌三十二首并(あわ)せて序(じょ)」。「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」から引用された。

 首相は「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる日本でありたい、との願いを込めた」と語った。

 菅氏は、「令和」について「日本人の生活の中に深く根ざすよう努める」と強調した。考案者や決定前の原案を明らかにすることは「適当ではない」として公表しなかった。

 政府は午前9時半ごろ、京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授ら各界の有識者9人を起用し、首相官邸で開いた「元号に関する懇談会」に6つの原案を示して意見を求めた。原案は国文学、漢文学、日本史学、東洋史学の専門家が考案した候補名から絞り込んだ。その後、衆院議長公邸で衆参両院の正副議長に意見を聴取し、全閣僚会議を経て、臨時閣議で新元号を定める政令を決定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ