PR

ニュース 政治

安倍首相は皇太子さまと面会重ねる 新元号は4月1日午前11時半発表

皇太子さまとの面会を終え、東宮御所のある赤坂御用地を出る安倍首相を乗せた車=29日午後、東京・元赤坂
皇太子さまとの面会を終え、東宮御所のある赤坂御用地を出る安倍首相を乗せた車=29日午後、東京・元赤坂

 政府は29日、首相官邸で「平成」に代わる新元号の選定手続きに関する検討会議(議長・菅義偉(すがよしひで)官房長官)を開き、4月1日に決定・公表する日程を決めた。午前11時半ごろに菅氏が新元号を発表する。安倍晋三首相が正午ごろに記者会見し、自ら談話を読み上げ、新元号に込められた意義などを国民に説明する。

 首相は29日午前、皇居を訪れ、天皇陛下と面会した。同夜には東京・元赤坂の東宮御所を訪問し、皇太子さまとも面会。国内外の諸情勢の報告とともに、新元号公表の段取りを伝達したものとみられる。皇太子さまとは2月22日にも面会しており、短期間で面会を重ねるのは極めて異例だ。

 菅氏は29日の記者会見で、4月1日の新元号公表に向けて「緊張感を持って滞りなく発表できるよう、しっかり取り組んでいきたい」と述べた。

 4月1日は、菅氏が横畠裕介内閣法制局長官の見解を聞き取った後、新元号の原案を複数選んだ上で、午前9時半から首相官邸で開く有識者懇談会で示し、意見を求める。懇談会のメンバーは、ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授や、直木賞作家の林真理子さんらを起用する方向で内定しているが、「事柄の性質上、迷惑がかかる」として1日朝に正式発表する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ