PR

ニュース 政治

小池知事側近の野田数氏 3月末で特別秘書退任

 東京都の小池百合子知事は29日、知事特別秘書を務める野田数(かずさ)氏が3月末で退任すると発表した。小池氏は、都の監理団体で浄水場の管理運営や水道管の工事などを行う東京水道サービス(TSS)社長に今後、野田氏を都として推薦する意向を示した。

 小池氏が知事に就任した平成28年8月以来、特別秘書を務めてきた野田氏は、元都議で、国会議員時代の小池氏の秘書を務めた。平成28年の都知事選で小池氏を支えたほか、翌年の都議選で最大会派に躍進した地域政党「都民ファーストの会」の立ち上げを主導するなど、小池氏の側近中の側近。

 TSS社長への推薦について小池氏は「本人と話した結果、新しい舞台で引き続き活躍してもらう」とした上で、昨年、都水道局に公正取引委員会が検査に入ったことなどを踏まえて「強力に改革を推進する人材として、推薦したい」と述べた。

 側近の「天下り」に当たるのではないかとの指摘もあるが、小池氏は「天下りには当たらない。適材適所で選んだ」と反論した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ