PR

ニュース 政治

31年度予算が成立 過去最大100兆円超

参院本会議で平成31年度予算が可決成立し、頭を下げる安倍晋三首相(手前)ら=27日午後、国会(桐原正道撮影)
参院本会議で平成31年度予算が可決成立し、頭を下げる安倍晋三首相(手前)ら=27日午後、国会(桐原正道撮影)

 平成31年度予算案は31日の参院本会議で、与党の賛成多数で可決、成立した。一般会計総額は過去最大の101兆4571億円にのぼり、当初予算段階で100兆円を超えるのは初めて。10月の消費税増税に備え、2兆280億円の景気対策費を計上した。

 参院予算委員会は27日、採決に先立ち締めくくり質疑を行った。安倍晋三首相は北朝鮮による日本人拉致問題について「最後は私自身が金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と向き合わなければいけない。多くの拉致被害者が拉致されたままであるのは痛恨の極みで、責任を痛感している」と語った。

 予算の成立を受け、今後は与野党ともに統一地方選や夏の参院選に向けて本格的な「選挙モード」に突入する。

 予算案では、増税対策の柱としてキャッシュレス決済時のポイント還元に2798億円を充てた。高齢化に伴い社会保障費は34兆593億円、防衛費は5兆2574億円といずれも過去最大となった。税収は62兆4950億円を想定する。新規国債発行額は18年度当初予算比3・1%減の32兆6605億円に抑えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ