PR

ニュース 政治

群馬・大沢知事 統一選投票率低下に「危機感」

大沢正明・群馬県知事
大沢正明・群馬県知事

 大沢正明知事は27日の定例会見で、県議選(29日告示、4月7日投開票)で幕を開ける統一地方選について、「投票率は低下傾向にあるのも事実だが、民主主義の根幹に関わるので危機感を抱いている」と話した。

 投票率の向上に向けて、「啓発活動に力を入れて、特に投票率が低い若年層に重点を置いて、選挙の出前授業や大学生の啓発チームなどによる取り組みを強化している」と説明。「一番の問題は、地域の連帯感が薄まってきていることが投票率の低下につながっているのでは」と分析した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ