PR

ニュース 政治

「コメントする気にもならない」菅長官、韓国国会議長の天皇陛下謝罪発言で

会見する菅義偉官房長官=27日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見する菅義偉官房長官=27日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は27日の記者会見で、慰安婦問題をめぐり韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が天皇陛下に改めて謝罪を求めたことについて、「甚だしく不適切で、コメントする気にもならない」と述べた。韓国側には強く抗議し、謝罪と撤回を求めたことを明らかにした。

 抗議は、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長から在日韓国大使館の次席公使に行った。

 文氏は27日付の韓国紙、ハンギョレのインタビューで、天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決するとした自身の発言について、「誠意のある謝罪が最も重要で、安倍(晋三)首相または日本を象徴する天皇が元慰安婦に『申し訳ない』と一言謝罪すれば根本的な問題が解決されるとの趣旨だった」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ