PR

ニュース 政治

イスラエルのゴラン高原併合「認めない」 菅官房長官 トランプ氏の主権承認文書署名で

25日、米ワシントンのホワイトハウスで、ゴラン高原のイスラエル主権を承認する文書を持つトランプ大統領(左)とイスラエルのネタニヤフ首相(ロイター)
25日、米ワシントンのホワイトハウスで、ゴラン高原のイスラエル主権を承認する文書を持つトランプ大統領(左)とイスラエルのネタニヤフ首相(ロイター)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は26日午前の記者会見で、トランプ米大統領が中東・ゴラン高原のイスラエル主権を承認する文書に署名したことに関し「わが国はイスラエルによるゴラン高原の併合を認めない立場であり、変更もない」との認識を示した。

 政府が調整しているエジプト・シナイ半島でイスラエル、エジプト両軍の停戦監視活動をする「多国籍軍・監視団(MFO)」司令部への自衛隊員派遣については「特段の影響はない」と説明した。

 トランプ氏は来年の米大統領選をにらみ親イスラエル色を鮮明にし、支持層に訴える狙いがある。しかし国際的に承認されていないイスラエルの主権を認めたことで中東情勢が一層緊張する懸念が強まっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ