PR

ニュース 政治

岩屋防衛相「関係国合意の中での地位確定望ましい」 ゴラン高原のイスラエル主権で

閣議を終え記者団の質問に答える岩屋毅防衛相=26日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議を終え記者団の質問に答える岩屋毅防衛相=26日午前、首相官邸(春名中撮影)

 岩屋毅防衛相は26日午前の記者会見で、トランプ米大統領がゴラン高原のイスラエル主権を承認する宣言に署名したことについて「関係国がコンセンサス(合意)を作っていく中でゴラン高原の地位も確定していくことが望ましい」と述べた。「地域一帯の安定、平和を強く願っている」とも語った。

 政府が調整しているエジプト・シナイ半島でイスラエル、エジプト両軍の停戦監視活動をする「多国籍軍・監視団(MFO)」の司令部への自衛隊員派遣については「直接の影響はない」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ