PR

ニュース 政治

夫婦別姓へ法改正目指す 国民・玉木代表

取材に応じる国民民主党の玉木代表=25日午後、金沢市
取材に応じる国民民主党の玉木代表=25日午後、金沢市

 国民民主党の玉木雄一郎代表は25日、日本人同士が結婚時に夫婦別姓の選択を可能とする戸籍法改正を目指す考えを示した。「多様な生き方や女性の社会進出を推進する意味で、法改正を検討すべきだ」と述べた。次期国会での改正案提出を視野に党内の議論を進める意向だ。戸籍法をめぐる同日の東京地裁判決を踏まえ、新潟市で記者団に語った。

 判決は、日本人同士の離婚や日本人と外国人の結婚と離婚では同姓か別姓を選べるのに、日本人同士の結婚だけ別姓の規定がないのは憲法違反との原告の主張を退け、戸籍法は合憲と判断した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ