PR

ニュース 政治

菅長官、辺野古新区画の土砂投入「地元理解得て作業進める」

会見に臨む菅義偉官房長官=25日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=25日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は25日午前の記者会見で、防衛省の沖縄防衛局が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先である名護市辺野古の新区画で土砂投入に関する作業に着手したことについて「沖縄防衛局で地元の理解と協力を得る努力を続けながら、関係法令に基づき、自然環境や住民の生活環境にも最大限配慮し作業を進める」と述べた。

 新たに土砂が投入される区画は埋め立て区域南側の約33ヘクタール。東隣の区画約6・3ヘクタールでは昨年12月から埋め立て工事が行われている。

 玉城(たまき)デニー知事は安倍晋三首相に対し新区画での土砂投入見送りを求めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ