PR

ニュース 政治

桜田氏、被災地の国道「健全に動いていた」で謝罪

前のニュース

桜田義孝五輪相
桜田義孝五輪相

 安倍晋三首相は25日午前の参院予算委員会で、桜田義孝五輪相が地元の集会で東日本大震災の被害状況に関して事実誤認の発言をしたことに対し「発言の正確さには十分に留意してほしい」と述べた。野党の罷免要求には「職責を果たしてもらいたい」と強調し、罷免を否定した。

 桜田氏は24日、千葉県柏市の集会で、東日本大震災の津波被害で沿岸部の高速道路や国道が各地で不通になったにもかかわらず「健全に動いていたから良かった」と発言した。

 桜田氏は25日の質疑で「(発言は)事実と異なる」として謝罪、発言を撤回した。また「発生から一定期間経過後には、内陸部の一部の幹線道路で緊急車両の通行できるようになったとの意図だ」と釈明。「今後も一層身を引き締めて復興五輪・パラリンピックの実現に努力したい」と語った。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ