PR

ニュース 政治

自民・岸田政調会長、首相4選論「誰がみても早い」

自民党の公約作成委員会の初会合であいさつする岸田政調会長=19日午前、東京・永田町の党本部
自民党の公約作成委員会の初会合であいさつする岸田政調会長=19日午前、東京・永田町の党本部

 自民党の岸田文雄政調会長は24日のBS朝日番組で、二階俊博幹事長が言及した安倍晋三首相の党総裁連続4選について「(首相の)3期目の任期が始まって、まだ半年しか経っていない。誰から見ても少し早いという印象を持つ」と述べた。二階氏は12日の記者会見で首相の連続4選が「ありえる」と発言していた。

 岸田氏は「政治の世界、一寸先は闇だ。今年も統一地方選、衆院補選、参院選があり、さまざまな政策課題もある。いろんなことがこれからあると思う」と指摘した。

 岸田氏は次期首相を目指すかを問われ「次の時代、誰かが担わなければいけないなら、その担える1人になるべく、しっかり努力しなければいけない。政策を磨き、何よりもそれを実現する力を持たなければいけない」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ