PR

ニュース 政治

大阪市長選、柳本顕・松井一郎氏の一騎打ち

大阪市長選に立候補した柳本顕候補(右)と松井一郎候補 =24日午後、大阪市中央区(渡辺恭晃撮影)
大阪市長選に立候補した柳本顕候補(右)と松井一郎候補 =24日午後、大阪市中央区(渡辺恭晃撮影)

 大阪市長選は、大阪市を廃止して特別区に再編する大阪都構想の是非を争点に無所属新人の元大阪市議、柳本顕(あきら)氏(45)と、大阪維新の会新人の前府知事、松井一郎氏(55)の一騎打ちが繰り広げられる。

 自民党と公明党大阪府本部などの推薦を受ける柳本氏は自公連携を基軸として、都構想を終わらせると意気込む。一方の松井氏は7年4カ月にわたる府知事としての実績を前面に出し、維新政治の継続と都構想の実現を訴える。

 主要争点も一騎打ちの構図も21日告示の知事選と同じ。知事選では無所属新人の元府副知事、小西禎(ただ)一(かず)氏(64)=自民、公明府本部など推薦=と、大阪維新の会新人の前大阪市長、吉村洋文氏(43)が連日舌戦を展開しており、今後、柳本氏は小西氏と、松井氏は吉村氏と連携して選挙戦を戦うことになる。

 ダブル選は都構想の住民投票の実施時期をめぐって維新と公明の交渉が決裂したことを受け、松井、吉村両氏が「選挙で信を問う」として辞職を表明したことから実施された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ