PR

ニュース 政治

大阪市長選 路線継続か、市政転換か

大阪市長選に立候補した柳本顕候補(右)と松井一郎候補=24日午後、大阪市中央区(渡辺恭晃撮影)
大阪市長選に立候補した柳本顕候補(右)と松井一郎候補=24日午後、大阪市中央区(渡辺恭晃撮影)

 24日に告示された大阪市長選は、大阪府知事選と同様、大阪都構想を掲げる大阪維新の会と、これに反対する各党勢力との全面対決の構図となった。立候補したのは無所属新人の元大阪市議、柳本顕(あきら)氏(45)=自民党、公明党府本部など推薦=と、大阪維新の会新人の前府知事、松井一郎氏(55)の2人。維新政治の継続か終結か。大阪市の将来のかたちを決めるダブル選の第2幕が、スタートした。

柳本氏「都構想に終止符」

 「帰ってまいりました」

 大阪市中央区の選挙事務所前の出陣式。柳本氏の再起を誓う第一声に、支持者から「おかえり」と大きな歓声が起きた。

 大阪都構想の賛否を問う平成27年5月の住民投票では反対運動の中心を担い、維新前代表の橋下徹氏を引退に追い込んだ。しかしその半年後の市長選では維新候補の前に苦杯をなめた。

 「都構想は大阪市の廃止分割制度。具体的な数字は何一つ示されず、実際にどうなるか分からない」

 都構想廃止に向けて連携する知事選候補の小西禎一(ただかず)氏(64)とともに選挙カーに立ち聴衆に呼びかけた。自民党の甘利明選挙対策委員長らも応援に駆けつけた。

 柳本氏は今夏の参院選で自民の公認を得ていたが、それを返上して市長選に立った。推薦する公明党府本部の佐藤茂樹代表も「参院選に出れば、相当高い確率で当選していたはず。それをなげうって大阪再生のための覚悟を決めた」と持ち上げ、「死にものぐるいで戦う」と自公連携による支援を強調した。

 この日は立憲民主党や国民民主党の府連幹部らが応援演説に立つ場面も。立憲民主府連幹部は「野合ではない。大阪がつぶされないために立ち上がるのは当たり前」と力を込めた。

 柳本氏は大阪市を存続させたうえで「経済新首都をつくる」と宣言。2025年大阪・関西万博の開催後を見据え、「中小企業庁など、国の機関を大阪に誘致する流れをつくりたい」と訴えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ