PR

ニュース 政治

大阪ダブル選「セット投票」の是非

支持を訴える候補者=24日午後、大阪市北区(彦野公太朗撮影)
支持を訴える候補者=24日午後、大阪市北区(彦野公太朗撮影)

 大阪府知事・市長のダブル選の構図が固まった。どちらも大阪維新の会の公認候補と、自民系候補の一騎打ち。各党地方組織は推薦や自主支援など程度の差はあれ、いずれも自民系に相乗りし、維新包囲網に加わった。

 維新が大阪都構想を実現するにはダブル選の勝利が最低条件となる。どちらか一方でも落とせば、その時点で結党以来の看板政策は頓挫に追い込まれる。知事選に立候補している政調会長の吉村洋文氏は、民放テレビ番組で「ねじれは大阪にとって不幸でしかない」と述べ、市長選に立った維新代表、松井一郎氏との「セット投票」を求めた。

 知事選の候補者で都構想を終結させると意気込む元府副知事、小西禎一氏は「都構想以外に(公約上)大きな違いはない。住民代表として話し合っていける」と、ねじれた場合の府市の行政運営について言及したが、吉村氏は「話し合いはするが大阪の政治は進まなくなる」と反論した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ