PR

ニュース 政治

6政令市長選が告示 大阪は「維新対反維新」構図

 第19回統一地方選の6政令市長選が24日、告示された。札幌、相模原、静岡、浜松、大阪、広島で行われ、大阪は21日に告示された府知事選と合わせ、大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」の是非を問うダブル選に突入した。11道府県知事選、41道府県議選、17政令市議選とともに4月7日に投開票される。

 6政令市長選には現職5人と新人12人の計17人が立候補した。女性の届け出はなかった。

 大阪は自民党と公明党府本部が推薦する無所属新人の元大阪市議、柳本顕氏(45)と、日本維新の会代表で新人の前府知事、松井一郎氏(55)の2人が立候補した。柳本氏には「都構想」に反対する立憲民主、国民民主、共産の各党も支援に回り、府知事選と同様、「維新対反維新」の構図になった。

 相模原は、野党系の元衆院議員、現市政からの転換を訴える元自民市議、自民市議団と政策協定を結んだ現職、さらに一部自民市議の支援を受ける元自民県議の無所属4人の争い。保守が分裂し、野党が絡む混戦になる。

 静岡は合併前の静岡市長を務めた元自民県議、自民推薦の現職と、共産系新人の3人が立候補した。

 浜松は、行政区再編を主導する現職に、共産系新人と、自民県連が推す元市議が挑む。浜松では行政区を7から3に再編することの賛否を問う住民投票も24日に告示され、4月7日に投開票される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ