PR

ニュース 政治

大阪市長選が告示、新人2氏立候補届け出

大阪市長選に立候補した柳本顕候補(右)と松井一郎候補=24日午後、大阪市中央区(渡辺恭晃撮影)
大阪市長選に立候補した柳本顕候補(右)と松井一郎候補=24日午後、大阪市中央区(渡辺恭晃撮影)

 大阪市長選が24日告示され、午前8時半の時点で、無所属で元市議の柳本顕(あきら)氏(45)=自民党、公明党府本部など推薦=と、大阪維新の会代表で前大阪府知事の松井一郎氏(55)の新人2人が立候補を届け出た。先に始まった大阪府知事選(21日告示)とのダブル選で、大阪都構想の是非を主要争点に、今後、知事選と同じ「維新VS反維新」の構図で激しい選挙戦が繰り広げられる。

 知事選では無所属新人の元府副知事、小西禎一(ただかず)氏(64)=自民、公明府本部など推薦=と、大阪維新の会新人の前大阪市長、吉村洋文氏(43)の両候補が連日舌戦を展開。29日に告示される府議・市議選と合わせた4つの選挙は、4月7日に一斉に投開票される。

 松井氏は、府市の二重行政を解消する都構想の実現を公約の柱に据えた。

 柳本氏は10年近くに及ぶ都構想議論に終止符を打つと主張している。

 選挙戦では、維新が仕掛けた知事・市長の入れ替えダブル選という政治手法への賛否も争点になるとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ