PR

ニュース 政治

イチローに国民栄誉賞、政府調整入り

【アスレチックス対マリナーズ】声援に応えるマリナーズ・イチロー=東京ドーム(甘利慈撮影)
【アスレチックス対マリナーズ】声援に応えるマリナーズ・イチロー=東京ドーム(甘利慈撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 政府は22日、現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)に国民栄誉賞を授与する方向で調整に入った。日米通算4367安打、10年連続200本安打を記録するなど授与にふさわしいと判断した。本人の了承を得られれば正式決定する。政府関係者が明らかにした。

 菅義偉官房長官は22日の記者会見で、国民栄誉賞の授与について「現役引退を公表したばかりで、現時点では何も決まっていない」とする一方、「多くの子供や野球ファンに夢と希望を与え続けてきたスーパースター。国民にそういった声があることは十分認識している」と述べた。政府高官は同日「平成を代表する偉大な選手。まさに平成そのものだ」と話した。

 イチロー外野手は平成13年と16年に授与を打診されたが、現役選手であることを理由に固辞している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ