PR

ニュース 政治

統一地方選 4県で保守分裂 「一強多弱」背景も参院選に懸念

 21日に告示された11道府県知事選のうち、福岡、島根、福井、徳島の4県は自民党支持層が割れる保守分裂選挙となった。平成27年の10道県知事選では保守分裂選挙はなかった。国政で自民党が主導権を握る「一強多弱」ゆえとの見方があるものの、地方選のしこりが参院選に影響することを懸念する声も少なくない。

 福岡県知事選は、麻生太郎副総理兼財務相率いる党県連の主流派が党本部推薦を受けた新人、武内和久氏(47)を支援し、「反麻生」勢力が現職の小川洋氏(69)の応援に回った。

 麻生氏は21日、福岡市内の神社で開かれた武内氏の出陣式に出席した。「県政のあり方、知事としてのリーダーシップが問われている」と述べ、小川氏の県政運営に疑問を呈した。

 過去2回の選挙で小川氏を支援した麻生氏が武内氏擁立に動いた背景には、28年の衆院福岡6区補選で、小川氏が麻生氏や県連の推す新人候補を支援しなかったこともある。麻生派を中心に党所属の国会議員や県議、高島宗一郎福岡市長も武内氏支持に回った。

 一方、小川氏が別の神社で開いた出陣式には、武田良太氏ら二階派の衆院議員のほか山崎拓元副総裁らOBと、その影響下にある現職国会議員が姿を見せた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ