PR

ニュース 政治

鳥取県知事選は現職と2新人

 鳥取県知事選は21日、4選を目指す現職、平井伸治氏(57)=立民推薦=と、新人の共産党県常任委員、福住英行氏(43)=共産推薦=、新人の貿易コンサルティング事務所代表、井上洋氏(70)の無所属3人が届け出た。

 平井氏は鳥取市の選挙事務所前で演説し、都道府県レベルで初めて「星空保全条例」を制定したことなど3期12年の実績をアピール。4選に向け「移住者や若者の起業を支援する制度を立ち上げたい」と訴えた。

 福住氏はJR鳥取駅前の演説で「イベントばかりではなく、県民の暮らし第一の県政に切り替える」と述べ、子どもの医療費完全無料化に取り組む意向を表明。井上氏は県庁で記者団に「県民所得と最低賃金の引き上げにより、人口流出に歯止めをかけたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ