PR

ニュース 政治

ロシアのガルージン駐日大使「対露制裁は善隣に合致しない」

東京都内で講演するガルージン駐日ロシア大使=20日
東京都内で講演するガルージン駐日ロシア大使=20日

 ロシアのガルージン駐日大使は20日、東京都内で講演し、ロシアによるウクライナ南部クリミア併合を受けた日本の対露制裁について、日露両政府が平和条約締結交渉の基礎とした1956(昭和31)年の日ソ共同宣言に反すると主張した。

 ガルージン氏は、宣言が「戦争状態の終了」と「友好善隣関係の回復」を明記していることに触れ「米国が同盟国に命令したロシアに対する経済などの制裁に加担することが友好と善隣に合致しているのか」と述べ、制裁解除を求めた。その上で「(歯舞、色丹の引き渡しを明記する)第9項の一部を取り出して、それに集中するよりも、共同宣言全体の履行を考えた方がいいのではないか」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ