PR

ニュース 政治

エクアドルの拘束邦人男性は20代 菅官房長官「情報収集しつつ適切に対応」

記者会見する菅官房長官=18日午前、首相官邸
記者会見する菅官房長官=18日午前、首相官邸

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は18日の記者会見で、南米エクアドルでクモなどの野生生物の標本を違法に持ち出そうとしたとして、生物学者の日本人男性が首都キトで身柄を拘束されたことに関し「エクアドルの刑法の環境犯罪違反の容疑で20代の邦人男性1人が拘束された」と明らかにした。

 菅氏は「現地の警察当局が捜査中で、事案の具体的内容や人定事項などの詳細について答えることは差し控える」とした上で「現地当局からしかるべく情報を収拾しつつ適切に対応している」と述べた。

 地元メディアによると男性の名前は「ヒロカズ・S」。クモやサソリ、チョウ、蜂など約250の標本を北海道に持ち帰ろうとしたとされる。絶滅の危機にひんしているような希少種は含まれておらず、研究目的とみられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ